ブログ

4月1日誕生日の謎?

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

今日は4月1日。世間では新しい年度のスタートです。

さて、多くの方が知っているのに、なぜそうなるのかあまり知らないこととして、「4月1日誕生日の謎」があります。
4月1日生まれの子はいわゆる「早生まれ」として一つ上の学年に入り、4月2日生まれの子から次の学年になるということです。
何か中途半端な感じがしますね。なぜ区切りのいい4月1日生まれの子からが次の学年にならないのでしょうか。

法律では「学年」とは「4月1日に始まり、翌年3月31日に終る」と定義されており、小学校に入学するのは「満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初め(4月1日)から」とあります。

それでは「満6歳になる」のはいつかというと、法律では生まれた時刻に関係なく誕生日前日の満了(深夜12時)をもって年齢を1つ加算します。
誕生日に年齢がひとつ上がるのではなく、前日の最後にひとつ上がるのです。

よって4月1日生まれの子は、誕生日前日の3月31日深夜に満6歳に達し、その翌日4月1日にいきなり「翌日以後における最初の学年の初め(4月1日)」を迎えることになってその日から小学校に入学できる(しなければならない)ことになるわけです。
4月2日生まれの子は、誕生日前日の4月1日深夜12時で満6歳に達し、その翌日は4月2日となりますから小学校への入学は「翌日以後における最初の学年の初め」である1年先の4月1日まで待つ必要があるということです。

「3月31日までに満6歳になった子が、翌日の4月1日から小学校に入学」と考えると、中途半端な感じはしませんね(笑)

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る