ブログ

ウカンムリクリップ

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

アイデアグッズを見つけました。

本を一度に2か所はさむことで、特定のページをとめておくことができるクリップです。
問題集を開いてノートに問題を解くとき、特に分厚い問題集だと勝手にパタンと閉じてしまうことはよくあることです。わたしも困った思い出があります。わたしはそのページを開いておくために、重いものを問題集の上に乗せたり、目玉クリップの大きいものを2つ使って挟んだりしていました。しかし重いものを乗せてもバランスを崩して閉じてしまったり、目玉クリップ2つを使っても2つのクリップが一体化していないのでずれて問題集が閉じてしまったりしたものです。

こういうのを「目からうろこ」って言うんでしょうね。この形、これまでなぜ誰も気づかなかったのでしょう?クリップで止める箇所が2か所あるので、背表紙部分を避けてはさむことができますので、分厚い資料や本などをしっかりとキープできます。クリップのスプリングの強さも、硬すぎると力がいる上に本を傷つけてしまいそうですし、柔らかすぎるとすぐに外れてしまいそうですが、絶妙の硬さです。

今日の写真はわたしが撮ったものです。あえて分厚い参考書をはさんでみましたが、うまくキープしています。

漢字の部首の「うかんむり」の形をしているので、このグッズの名前は『ウカンムリクリップ』。このネーミングもなんか楽しくてかわいいです。
こういうグッズって、便利なうえにちょっと勉強が楽しくなりますよね。よかったら使ってみてください。

関連記事

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る