ブログ

国立大の授業料値上げ

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

文部科学省の部会で、慶応義塾の塾長が「国公立大学の学費を年間150万円程度にする」という提案を行ったというニュースが少し前に流れていました。現在は年間50万円程度なので、もしこれが実現すれば約100万円の値上げとなります。

また、そのこととは別に、国公立大も実際に授業料値上げの方向に動いています。東京工業大や一橋大、千葉大など首都圏のいくつかの大学はすでに約10万円ほどの値上げを実施しており、ここへきて東京大も値上げを検討・・・という話になっているようです。
値上げされればされるほど、進学をあきらめる人も出てくることになり、優秀な人材の芽をつぶすことになります。
しかし大学も、この円安や物価高のあおりを受け、経営が非常に厳しくなってきているようです。国からの交付金もこれまでどんどん減らされており、学生に十分な学びを提供できなくなってきつつあります。
大学側にとっても学生側にとっても不幸なことです。

国からの交付金が減る・・・。教育にお金をかけることは、この国の未来への「投資」だと思うのですが、国会議員は自分の私腹を肥やすことばかりを考えて全くそういうことにお金を回そうとは思っていません。ホントに腹立たしい限りです。日本人のノーベル賞受賞者も、日本の国内でなく主に海外で研究していた人も結構いらっしゃいます。純粋に日本国内のみでは優秀な人材を育成することは困難になってきているのではないでしょうか。

日本はもっと本気で「教育」を考え直すべきだと思っています。

関連記事

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る