ブログ

釣った魚には・・・

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

少し前に、携帯電話の料金プランを見直しするように政府が介入し、携帯電話各社は「実質0円」を廃止するなど料金プランの変更を行いました。
それまで携帯料金は、新規客や乗り換え客にはとても有利な設定で、それをかぶっているのがわたしのような長期間の利用者でした。「お得意様」を大切にしないので余計に乗り換えが増えて顧客の取り合いが激化し、あちこちの携帯会社に次々と乗り換えることが最も得だという変な状況になっていました。

「釣った魚には餌はやらない」ということです。

携帯電話業界はかなり極端な例ですが、こういうことはどの業界でも起こっています。
塾でも「おかげさまで○周年!感謝の気持ちを込めた記念キャンペーンで、新規の方は講習会無料です!」などとぶちあげます。
すでに入っている人は正規料金を払っているにも関わらずです。

いやいや誰に対して「おかげさま」やねん、と思います。すでに入っている人の「おかげさま」じゃないのかと。
「感謝の気持ちを込め」て、すでに入っている人も講習費を無料にするなら分かります。しかしそんなことは普通やりません。

企業の目的は利潤追求で、新規顧客を増やすことは大切なことです。そうすることは企業論理として正しいのは分かります。
しかし、個人の気持ちとしてはどうも釈然としません。

陽塾ではそんなことはやりたくありません。
そもそもすでに入ってくださっている方を「釣った魚」などとは思いません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る