ブログ

書くスピード

こんにちは。陽塾代表の原田基生です。

「書くスピード」はとても重要です。

常に書くスピードが速いということはとてもトクをします。
授業中ノートをとる時間が短くなるので、教師の顔を見てしっかりと聞く時間が長くなります。
テストでは、考える時間に多くの時間を費やせます。

つまり、書くスピードが速くなると学力(得点)が伸びる率が上がる、といえます。

子どもたちには書くスピードを速くしてほしいと考えています。
もちろん、読みにくい雑な字を書くのはダメですが。

はじめは「ていねいにゆっくり書く」ところからスタートです。
そして読みやすい字を書くことができるようになれば、次はスピードを意識します。
少々字がくずれるのは気にせず、速く書く訓練をする必要があります。

意識し、訓練しなければ、スピードは遅いままです。結構この段階で止まってしまっている子がいます。
ていねいに、きれいに、に縛られすぎず、最終ステップ「素早くきれいに書く」に進んでほしいと思います。

中学生ぐらいになると、字だけでなく図形やグラフなどもフリーハンドでさくっと描けるのが望ましいのです。
それが一番速いからです。

字を書く、ノートをとる、という動作をなるべく素早く行う。
これも勉強が上手になり、学力が向上するために必要なことなのです。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る