ブログ

思い出の入試

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

今日は奈良県の一般選抜の入試です。ここ最近は春らしい日が続いていたのに、昨日の夕方くらいから天気が崩れだして、今日は朝からずっと雨が降っています。予想最高気温も今日は奈良で7℃とのことで、肌寒い日になりそうです。
明日からは天気は回復、気温も平年並みに戻るようです。

よりによって入試の日が受験生にとってちょっとつらい日になってしまいましたね。

入試日とか入学・卒業式、成人式や結婚式など、自分の人生の中での大きなイベントはそれだけでインパクトがあり記憶に残りやすいですが、そのイベントで何かハプニングがあるとさらに強烈に印象に残るものです。

もう20年以上前になりますが、わたしがまだ駆け出しの教師だったころ、奈良の私立の入試日に大雪が降って大変だったことがありました。学校によってはテストの時間帯が変更になりました。
その日、わたしも校門前で受験生たちを応援するために高校に向かっていたのですが、車が途中で動かなくなり、そのあと徒歩で何とか高校の校門前までたどり着きました。

「そういえば、入試の日にえらい雪が降って大変やったよなぁ」「おまえの日ごろの行いが悪かったからや(笑)」
その当時の受験生だった子たちは、今でも塾の同窓会でそのことを話題にして笑います。

そのときは大変でも、あとから振り返ると結構いい思い出になるものです。
今日の受験生たちも、大人になってから「公立の入試の日は雨が降って寒かったよなぁ」「そうそう、狙ったようにその日だけ雨やったよな」などと笑って話すことになるのでしょう。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る