ブログ

忙しい方がはかどる

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

部活動を引退した中3の子と懇談をすると、ときどき「部活動で忙しかったときの方が短い時間で集中して勉強できていました」と言われることがあります。

確かに、たくさん時間があるのにすべきことがなかなか進まず、逆に忙しいときの方がはかどることってありますよね。
わたしもときどき仕事を自宅に持ち帰ってやることがありますが、時間がたっぷりある夜中にやるとどうもダラダラしてしまいます。逆に朝の出勤前の限られた時間にやる方がはかどります。

「仕事を頼むときには忙しい人に頼んだ方が早く仕上がる」
とよくいわれますが、これは真実です。

忙しい人は時間の管理が上手なので、スキマ時間などを利用して時間を作り出します。そして、いかにすれば効率よく仕事が進められるかを工夫して行動します。
この時間管理が集中力を生み、結果的にいろいろな作業がはかどるのです。

一方、暇な人は時間をたっぷりと持っているので、仕事に追われることがありません。
そのため仕事を早く終わらせるとか、時間を捻出するという工夫をしません。
悪魔が耳元で「まだまだたっぷり時間あるやん」とささやき(笑)、それに乗せられてダラダラしてしまうのです。

わたしは、冒頭のような悩みを持っている子には期限付きの課題を大量に出すことがあります。
「忙しく」させて、はかどらせる作戦です(笑)

時間も大切な「資源」です。
希少な資源は大切に使いますが、潤沢にある資源は粗末に使いがちになるということですね。

時間がありすぎて集中できないときには、すべきことを大量に用意して忙しい状態に自分を追い込むのも、効率よく勉強を進めることができる一つの方法です。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る