ブログ

引きずらないで

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

4月に入り、新年度が始まっています。子どもたちは入学・進級の季節です。

去年の高校受験生たちは、早い人では2月には、遅い人でも3月に自分の入学する高校が決まっています。
この春休みは大いに羽を伸ばしているでしょう。
「これまであれだけがんばってきたので、しばらくはゆっくり過ごしたい」
その通りです。この春休みは、自分のしたいことを思う存分すればいいと思います。

しかし、「羽を伸ばす」のは、この春休みの間だけにしてほしいのです。

気をつけないと、高校に入学してからもそんな意識をだらだらと引きずってしまう子がいます。
「春休みはゆっくりしよう」
と思っていたのが、
「4月中はまだ学校も本格的に始まらないし、まあいいだろう」
となり、次には、
「ゴールデンウィークまではゆっくりしよう・・・」
となって、それが知らない間に、
「1学期は・・・」とか「1年生の間は・・・」といったハナシになってきます。

気がつくと学校の授業が分からなくなっていたり、大学受験のことを意識しないといけない時期になっていたりするわけです。
こうなってくると、これまでの穴埋めが大変になります。大学受験にも少なからず影響があるでしょう。

何を隠そう、実はわたしが高校に入学した時に、これになってしまって、高1の学習内容が結構抜け落ちてしまいました。
高2の後半くらいで危機感を感じましたが、そこから挽回することは不可能で、結局浪人することになってしまったのです。
「高1のはじめからちゃんとやっておいたら良かった・・・」と思ったものです。

経験者は語る、です(笑)

高校には遊びに行くのではありません。勉強しに行くのです。
入学したら、その日からしっかりと気持ちを切り替え、勉強も部活動もがんばってほしいと願っています。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る