ブログ

基礎の反復

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

先日テレビを見ていると、テニスの錦織圭選手のコーチであるマイケル・チャンの指導についての番組がありました。
錦織選手は実力のある選手ですが、世界ランキングのトップ10になかなか入れない状態が続いていました。そんなとき、2年前にマイケル・チャンがコーチに就任しました。彼は錦織選手の可能性をいち早く見抜いていたようです。
彼はコーチになると、まずは鬼のような基礎トレーニングを錦織選手に課しました。それはトッププロの練習というよりも熱血部活動の練習のようなものだったようです。
マイケル・チャンは錦織選手の基礎を徹底的に鍛え、長時間の試合にも耐えられる体力と、強靭なメンタルを身につけさせることに成功しました。その結果、錦織選手のプレーのスタイルは大きく変化し、昨年の躍進につながったのです。

基礎の反復はおもしろい練習ではありません。錦織選手も「基礎的なトレーニングは嫌いだった・・・」と言っています。世界レベルの選手ですからプライドもあったでしょうが、錦織選手は「素直に」この基礎の反復を続けたのです。

勉強でも同じことが言えます。基礎の反復はおもしろいものではありません。しかしこれを継続的に、徹底的に行っていくことで、実は知らず知らずのうちにしっかりとした力が身についていきます。

陽塾では毎日の勉強として、小学生には漢字と計算、中学生にはそれに加えて英単語の暗記を行っています。漢字と英単語は定期的にテストを、計算は毎回のノートチェックを行っています。
この基礎の反復は子どもたちもあまり好きではないようです。「こんなことして意味あるの?」とか言い出してしまうと「終わって」しまいます。ここはあまり深く考えずに「素直に」毎日積み重ねることが大切なのです。

わたしも子どもたちにとってのマイケル・チャンになれるように、これからも子どもたちをしっかりと鍛えてきたいと思います。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る