ブログ

前を向いてリベンジ

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

高校入試がほぼ終了しました。合格になった子も、そうでない子もいます。

不合格になった子は、いろいろ思うところがあるでしょう。
失意と無力感。後悔や自己嫌悪におちいっている子もいるかもしれません。

不合格はつらいものです。何か自分が否定されたような気がしてしまうものです。わたしは、高校入試でも大学入試でも「不合格」を味わっていますのでその気持ちが分かります。

高校受験では、浪人をする子はほとんどいませんので、第一志望校に不合格になれば、その高校に入学することはほぼないといえます。それ以外の高校に入学することになるわけです。
高校受験のつらいところです。

敗北感のある今は確かにいやでしょう。しかし、自分の進学する高校に胸を張って行ってほしいとわたしは思っています。
くさったままで高校生活を送ってしまうと、本当にいやなままでその高校を卒業することになってしまいます。
その高校で生涯の友や恩師との出会いがあるかもしれません。将来の夢が見つかるかもしれません。第一志望に合格した子に、大学受験で逆転するかもしれません。
目を見開いていないと、それらを見ることはできません。それを決め、そして行動するのは、ほかの誰でもない、自分なのです。
卒業するときに「はじめはいやだったけど、この高校に通えてよかった。この高校が自分の『母校』だ」と思えるように、いろいろなことに前向きに取り組んでほしいと思います。

リベンジです。敗北感や悔しさも心のどこかに残しておきながら、明るく前を向いてリベンジするのです。
そうすれば、きっと良い出会いや良い経験ができ、明るい未来が実現できるでしょう。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る