ブログ

ハロウィン

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

今日10月31日は、ハロウィンです。(ちなみに陽塾の隣の櫛玉比女命神社のお祭りでだんじりが出るのも今日です。)
ちょっと街に出ると、定番イメージキャラのオレンジ色のニクい奴(?)、「ジャック・オ・ランタン」があふれていますね。

日本でのこの盛り上がり、ここ数年で急激に高まってきているように感じます。
10年前までは、子ども英会話教室くらい?が、イベントをこじんまりやっていたくらいではないかと思いますが、いつの間にか国民的行事みたいになってきました。わが家は全く何もしませんが(笑)

わたしが子どものころは、ハロウィンなんて聞いたこともありませんでした。外国の行事といえばクリスマス一本!でしたからね。

日本では2000年ごろから東京ディズニーランドが大規模なイベントを開催し始めて、火付け役となったようです。
それ以降、雑貨屋やアパレル、食品などの多くの企業が参入してきて、今では「お正月商戦」や「クリスマス商戦」などと並んで「ハロウィン商戦」という熱き戦いが繰り広げられています。

子どもが仮装して「トリック・オア・トリート!てへっ」などと言うとかわいいですが、大人が仮装して夜の町を練り歩く光景はちょっと異様な感じもします(笑)
なんか商業戦略に乗せられてるなぁ・・・と思うのはわたしだけでしょうか。
まあ、消費が活発になって景気が良くなるのはいいことなんですけどね。

思えば、バレンタインデーや、父の日や母の日などはかなり定着しましたが、もともとは誰かに仕掛けられて乗せられたのかも知れません。
次は、「イースター(復活祭)」くらいが仕掛けられてはやりそうな気がします(笑)

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る