ブログ

合格の裏には・・・

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

昨日は奈良県の公立高校の一般選抜の合格発表でした。まだ二次募集が残っていますが、ほとんどの受験生は受験から解放されたと思います。
受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

合格した子は、本当によくがんばりました。おめでとうございます。
しかし、あと一歩及ばず、残念ながら不合格になってしまった子もいます。

わたしはこれまでも、合格した子によく言っていた言葉があります。

「合格の裏には、不合格がある」

です。

合格した自分と同じように、不合格になった子も、その学校に合格することを願って一所懸命がんばってきたわけです。
「この高校に入れたら、この部活動に入ってがんばろう」
「入学できたら、勉強もさらにがんばろう」
もし合格してその学校に入学できたら、いろいろやりたいこと、がんばりたいこともあったと思います。

しかし、不合格になった・・・。

夢が現実にならなかったわけです。

自分の合格の裏には、夢破れた不合格者が「現実に」いるのです。
だからこそ、合格した子には、その高校で勉強も部活動も一所懸命やってほしいと思います。
志望校に入れたからといって自堕落な生活をすることは、不合格者に対して失礼です。

合格した子は、そのことを忘れずに、充実した高校生活を送ってほしい、いや送らなければならないと、わたしは思っています。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る