ブログ

二月は逃げる

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

2016年も1月が過ぎ去り、2月になりました。1年の12分の1がもう終わったわけです。早いですね。
「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」という言葉があるように、1月~3月までは1年で最も早く時が流れていく感じがします。
特に2月は1年で最も短い月なので、すぐ「逃げて」しまいます。逃げ足はかなり速いです(笑)
まあ、今年はうるう年なので、ほんのほんのちょっぴりだけ得した気分になりますが。

2月には私立や公立分割選抜の受験本番があり、新年度の準備や募集があります。内部の塾生の子たちも学年末テストや新学年進級を控えています。
「卒業する子たち」と「入ってくる子たち」、そして「学年が上がる子たち」がいて、塾が1年で最も忙しくなる時期です。
昨日の日曜日も中3で直前の勉強会をしました。毎年2月はほとんど休みを取れません。
まあ、忙しいということはありがたいことでもあるのですけどね。

こういう時期こそ、一日一日を大切にして、やるべきことを計画的に進めていかなければなりません。

・・・あれ?これって陽塾の子どもたちに言っていることと同じです(笑)

はい。大人も子どもも同じですね。
わたしも子どもたちと一緒にがんばります。

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る