ブログ

中学の英語と高校の英語

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

中学生も高校生も英単語や英熟語を暗記する必要があります。
しかし、求められる暗記レベルは中学生と高校生では少し違います。

中学生で習う英単語や英熟語は、日本語に訳すことができるだけでなく、逆に日本語を見て単語や熟語が書けるようにもなることが求められます。
それに対して、高校生で習う少し難易度の高い英単語は、日本語に訳すことができればそれでOKであることがほとんどです。
中学生のときのほうが、しっかりと単語や熟語を覚えなければならないのです。

それはなぜでしょう。

まずは、「読解(英語→日本語)」の観点からみてみます。
大学入試をはじめ、高校生が扱う英語の長文の中には難解な単語や熟語が含まれていることが多く、それらを多く知っていればそれだけ文章の内容をよく理解できます。
それに対して、「英作文(日本語→英語)」の観点からみてみます。
実はこれについては、とても難解な単語を使用しなければならない場面はそれほどありません。訳したいことをしっかりと把握していれば、自分の持っている語彙の中で何とか表現することができるのです。

英語の多くの文法事項は中学生で学習します。中学生のときに文法事項と基本・標準レベルの単語・熟語の読み書きをしっかりとすることができれば、高校生では中学生では習わなかった残りの文法を身につけ、単語帳などで語彙の量を増やしつつ、多くの長文を読んだり、平易な語彙を使用して英文を表現する訓練をすればできるようになるということです。

そういう意味でも、中学生で習う英語は大切です。
高校生になってからも伸びるためには、中学生のあいだに文法事項と基本・標準レベルの語彙をしっかりと身につけておく必要があるのです。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る