ブログ

ターニングポイント

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

昨日で夏期講習会の授業が終了しました。
講習会を行うたびに新しい出会いがありますが、この夏も新たな良き出会いがありました。

この夏の講習生の中に、これまで勉強に対して不真面目で、ずっと手を抜いてきた子がいました。もちろん成績も芳しくありません。
1学期までは他の塾に通っていたのですが、勉強姿勢も成績もほとんど変化はなかったようです。
お母さんは、塾生のお母さんから陽塾のことをお聞きになられたようで、はじめは本人があまり気乗りしないのを半ばムリヤリつれて来てくださいました。

通常授業を1回体験してもらい、本人とも話をした結果、この夏期講習会に参加することになりました。

本人との話の中で、実は本人も「変わりたい」と思っていることが分かりました。
わたしは夏期講習に入る前にその子に言いました。
「この夏をターニングポイントにしよう。そのために守ってほしいことはたった1つ。『言われたことを素直にやる』です。守れますか?」
その子はうなづいてくれました。

夏期講習会終了後の懇談会。

お母さんにお聞きすると、家で宿題をやるときに弱音を吐いたりキレたりすることもあったようです(笑)が、とにかくその子は約束を最後まで見事に守ってくれました。
少し苦しい勉強の中で、本人も勉強が分かる楽しさややりがいを感じてくれたようです。

陽塾の夏期講習が、その子のターニングポイントになったのです。

その子は9月からも本科生として続けて陽塾に来ることになりました。9月からは学校でもがんばらないといけません。
今は決して良いとはいえない通知表ですが、これから伸びていく予感のする、希望に満ちた懇談でした。

ターニングポイント。

そう。新しく来る子にとって、そうなるような講習会でなければならないと思いました。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る