ブログ

オリジナルの味付け

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

勉強をするとき、自分オリジナルの「味付け」をすると効果的です。
例えば、年号の暗記のための語呂合わせを自分で考えたり、ノートに書くときの自分なりの記号を作ったりするというものです。

わたしは中学生や高校生のときに、ときどきそういうことをやっていました。

例えば化学での元素記号の暗記です。
「水兵リーベ、僕の船・・・」といって覚えるのが有名な覚え方です。しかしその覚え方は原子番号1番~20番の20元素までしか覚えることができません。その続きの原子番号36番くらいまでを覚えるのに、自分で語呂合わせを考えた記憶があります。

30年以上前に考えましたが、実はその語呂合わせをいまだに覚えています。その覚え方は、当時の友人の名前が出てきたり、下品な内容があったりして、決して公表できるシロモノではありませんが・・・(笑)
考えるのは結構苦労(?)しましたが、しっかりと覚えることができましたし、楽しく勉強ができました。

自分なりの味付けをすると、勉強した内容(暗記した内容)が大切に思えてきます。自分で覚え方を考えるので結構頭にも残ります。
自分で覚え方を考えたりするのは少し時間がかかりますので、そんなことばかりに没頭して何か「マニア」みたいに(笑)なってしまうのも問題だと思いますが、時間のあるときにそういうことを考えてみるのもよいと思います。

いやいや勉強するばかりでなく、たまには自分オリジナルの味付けをしてみましょう。
勉強が少し身近で楽しいものに感じることができるでしょう。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る