指導システム

image_sys

概要 ▼ 中3受験対策 ▼ 特長

概要

学校での授業に軸足を置きながら、
高校入試を見据えてじっくりと学力を養う

・対象学年:小学校4年生~中学3年生
・指導科目:小学生/算数、国語+英語(英語は小5・小6)
      中学生/数学、国語、英語、理科、社会
・高校受験対応 ※中学受験には対応していません。
・授業形態:集団授業(1クラス約20名まで)
・授業内容:学校の少し先取りの授業

陽塾の授業は、「学校の授業の少し先取り」が基本。「習ったことがある」という心の余裕をもって学校の授業に臨めることで、「わかる」喜びと楽しさ、自信を育みます。それは、「ワンランク難しい問題にチャレンジしてみよう」「あこがれの学校を、本気で目指してみよう」という自発的な目標設定へとつながります。もちろん、中学生なら学校の定期テストで高得点を目指す対策授業も行います。
また、学校の授業と寄り添いながら塾での学習を進めることは、子どもたちに過度な負担をかけず、部活動などとの両立を容易にします。わたしたちは、子どもたちのそれぞれの年代での経験や学校生活を大切にしながら、長いスパンで子どもの成長を見守り、じっくりと学力を養うことこそが重要だと考えています。

中3受験対策

夏休みから本格化する受験対策

豊富な学習時間が確保できる中3の夏休みには、1学期の復習に加えて2学期の内容を大幅に先取りします。そして、2学期からは塾での授業数を増やし、受験対策に軸足を置いた授業を実施。苦手科目や苦手分野、志望校の出題傾向など生徒一人ひとりに応じた指導にもより一層力を入れていきます。もちろん、2学期の定期テストに向けても万全の対策を行います。

c

特長

陽塾は、「できる」まで指導します。

「分かる」と「できる」は違うとよく言われます。「できる」ようにするためには、実は「分かりやすい授業」だけでは不十分です。授業を受けて「分かる」状態になったあと、必ず自分で書いてみる、解いてみるという動作が必要で、そこでできて初めて「できる」状態になります。陽塾では、分かりやすい授業を行うことはもちろん、その上で「できる」状態になるための指導を行います。

陽塾は、基礎基本をおろそかにしません。

スポーツにおいて基礎トレーニングが重要であるように、勉強でも基礎があってこそ応用や発展が可能になります。単調なトレーニングや反復はともすると嫌がられ、軽視されがちです。子どもたちはいやいや取り組むこともあるでしょう。しかし、その重要性をわたしたちは知っています。陽塾では、学力レベルに応じた基礎トレーニングをしっかりと行います。子どもたちはその先にある高い学力と達成感を得ることができるはずです。

陽塾は、勉強の方法を指導し、家庭学習習慣をつけさせます。

授業では教科の内容を伝えるだけではなく、計画の立て方、まとめ方、暗記の仕方、モチベーションのコントロール法など、勉強の方法や家庭学習習慣確立のための指導も行います。これらはすぐに身につくものではありませんが、子どもたちの一生を通じて役立つスキルとなります。陽塾では、その大切なスキルの基礎をつけるためにねばり強く指導します。

陽塾は、いつも子どものそばにいます。

教室に何気なく立ち寄ったら、先生がいてくれる。授業がない日に電話しても、話を聞いてもらえる。いつも見てくれている。子どもたちにとって、この環境はとても大きな意味を持ちます。教師は単なる「授業マシーン」ではなく、子どもに接するおとなの一人として、教科指導や学習指導を通して、暖かく厳しく見守る存在であるべきです。わたしたちは人としてのつながりを大切にします。陽塾は、いつも子どものそばにいます。

陽塾は、いつも保護者のそばにいます。

陽塾に通う年代の子どもたちは、いわゆる「むずかしい時期」です。何を考えているのかわからない。親の愛情が伝わらない…。またお仕事をされている保護者の方も多く、なかなか子どもと共有する時間が取れないのが現状のようです。わたしたちは保護者の想いをしっかりと受け止め、その想いを子どもに伝える代弁者でありたいと考えています。陽塾は、いつも保護者のそばにいます。


ページ上部へ戻る