勉強方法

  1. 「不便さ」が工夫を生む

    こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。勉強会などで子どもたちの勉強の様子を見ていると、とても不便な方法をとる子がいます。例えば問題集の答えあわせをするときに、解答冊子をいちいち閉じてその都度ページを開いたりします。

  2. 解説を読んでも分からない?

    こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。教科の内容を質問するときに、「答えについている解説を読んでも全く分からないんです」という子がいます。確かに解説が不親切だと思われるものも時々ありますが、多くはしっかりと読めば分かるはずのものです。

  3. 左手を置かない子

    こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。子どもたちの勉強している様子を見ていると、鉛筆で書いているときに左手(左利きの子は右手、つまり鉛筆を持っていない方の手)を机の上に出していない子がときどきいます。

  4. 知識暗記の必要性

    こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。今日も田中角栄の言葉からです。「暗記教育は古く、くだらないという人があるが、暗記は教育の中で一番大切なことのひとつだと私は信じている。

  5. 学力はローンを組めない

    こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。例えば新しい車が欲しいとき、コツコツとそのお金を貯めてから購入する人もいれば、ローンを組んで購入し、あとから返済する人もいます。家や車など、大きな買い物をするときにローンを組む人は多くいます。

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る