ブログ

大人になってから勉強がしたくなる

こんにちは。奈良県の広陵町にある陽塾の代表・原田基生です。

先日、非常勤教師の採用面接で、社会人になってから大学に入り直して興味のある勉強をしている方がいらっしゃいました。
その方は中学生や高校生のときにはあまり真面目に勉強されてこなかったらしいのですが、ある程度年齢を重ねて学ぶことの大切さや楽しさを知ることができるようになった、とおっしゃっていました。
大人になってから「学びたい」という人は多いです。

わたしたちは小学・中学・高校・大学と、何年間も学ぶことを最優先にできる環境に身を置きますが、その真っ只中にいる子どもたちは学ぶことの大切さや楽しさを知らず、いかにして勉強から逃れるかということばかり考えてしまいます。わたしもそうでした(笑)

いわゆる学生時代は、いろいろなことを身につける力が一生を通じて最も高く、身体的にも精神的にも知識的にも成長が盛んです。
そんな「いい時期」に学ぶことから逃げるのは本当にもったいないことです。

わたしもここ数年、いろいろなことに興味があります。そのうちのいくつかを勉強したり練習したりしているのですが、新しいことを知ることができたり、練習して少しでも上手になったりすることはとても楽しいものです。
また、どうしても時間が取れず、なかなか着手できていないこともあります。

学ぶことはいつからでも始めることができますので、何を始めるにも遅すぎるということはないと思います。しかしなぜ時間がたっぷりある若いときにもっといろいろ勉強したり挑戦したりしなかったのか、少しもったいなく過ごしてしまったな、と思うことはあります。

子どものときは気づかず、大人になってから気づくんですよね・・・。

勉強や部活などに没頭できる学生時代だからこそ、だらだらと過ごすのではなく一所懸命没頭してほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る